「攻めのオウンドメディア」構築パッケージ、Dimast(ディマスト)

Dimastはこんなお悩みを解決できます


オウンドメディアをやってみたいが、本当に集客効果が出るか疑問や不安がある
既にオウンドメディア運用をしているが、PVも伸びずただ惰性でブログを更新するような状態になっている
PVは伸びてきているが事業収益への貢献度が低い、もしくはほぼ効果を得ていない
「コンテンツの質」と言われても、具体的にどうしたらいいか分からない
コンテンツの供給や改善に振り向けられる人的リソースや知識リソースが不足している
コンテンツのネタが尽きてきているがまだ成果が出ていない、どう着地したらいいのか分からない
マーケティングオートメーションに興味はあるが、個人情報と繋がるデータを預けてしまうのが心配

Dimastは、コンテンツマーケティングに特化したWordPressテーマ + マーケティングオートメーション + 顧客管理システムが一気通貫で連動する、パッケージサービスです。

lp-img

インバウンドだけに頼らない「攻めのオウンドメディア」


人々の関心やニーズを考えながら記事を書き、たとえそれなりのPVになったとしても、訪れたユーザーが売上に繋がっているかと言えばそうではない。

こんなオウンドメディアはたくさんあります。

結果として「インバウンドマーケティングという理屈はわかるが、ずっと待ちのスタイルではいられない」と言う方が多いのも事実です。

では、攻めに転じることができるオウンドメディアを作ろう。つまり訪れたユーザーをその関心の高さや分野によってグループ分けし、こちらからのアプローチもできる仕組みを作ろう。単にPV推移を眺めるだけではなく、そのメディアの質をきちんと定義づけられる仕組みを作ろう。

こうして出来上がったのがDimastです。

徹底的に成果にこだわったオウンドメディア運用ができるよう、ここまで仕組みを整えました


CTA対応のオウンドメディア専用テーマ

CTA対応のオウンドメディア専用テーマ

CTA(コール・トゥ・アクション)に対応したオウンドメディア専用テーマを開発。CTAはいくつでも作成でき、投稿記事に自由に埋め込むことができるようになっています。

記事内容を検索エンジンへ正確に伝える構造化データ対応

記事内容を検索エンジンへ正確に伝える構造化データ対応

Google、Yahoo、Bingなど大手検索エンジンが主体となって展開している構造化データに対応、記事内容を正確に検索エンジンに伝えることができるようになっています。

マーケティングオートメーションはMauticを採用

マーケティングオートメーションはMauticを採用

ユーザーの一元管理やスコアリング、また自動メールマーケティングを行うマーケティングオートメーションはオープンソース型のMauticを採用、コストを抑えました。

誰が、いつ、何のページを見たかも把握できます

誰が、いつ、何のページを見たかも把握できます

IPアドレスとCookieの組み合わせで、誰がいつ何のページを見ているか全て分かります。ただ記事を見ただけか、それともCTAエリアをクリックしてWebサイトに行ったかも把握します。

ユーザーの動向からスコアリングし、グループ化が可能

ユーザーの動向からスコアリングし、グループ化が可能

ただ記事を見ている人とサービスの申し込みページや支払い方法を確認している人とではアプローチを変えなければなりません。そのためのスコアリングやグループ分けが可能です。

クラスタ別に実行できる自動メールマーケティング機能

クラスタ別に実行できる自動メールマーケティング機能

グループ化された個々のユーザーに対して、ステージに合ったメールマーケティングを行うことができます。また誰が開封し、その後どのページを閲覧したかなど見込み客動向の把握が出来ます。

フォームはContact Form7プラグインとも連携可能

フォームはContact Form7プラグインとも連携可能

WordPressで良く用いられているContact Form7プラグインとの連携が可能です。またMautic側で独自のフォームを作成し、これをWordPress内に埋め込むこともできます。

1時間で公開、簡単操作のランディングページ作成機能

1時間で公開、簡単操作のランディングページ作成機能

オウンドメディアだけではなくMautic側でのランディングページ作成機能も利用できます。リスティング広告を使用している場合やCTAの誘導先としても利用できます。

レポート機能でマーケティング活動の分析も可能です

レポート機能でマーケティング活動の分析も可能です

膨大なデータを分析できるレポート機能、マーケティング活動のまとめができます。オウンドメディアが漠然とした運用になることなくPDCAを回すことができます。

無制限のフォロー体制、遠隔操作での利用サポート

無制限のフォロー体制、遠隔操作での利用サポート

運用のシーンで浮かび上がる様々なご質問や効果的な利用方法について、時間・回数ともに無制限のサポート体制をご用意。遠隔操作サポートもついて、いつでも気軽にご利用頂けます。

コンテンツ改善の具体的なコンサルティング

コンテンツ改善の具体的なコンサルティング

「コンテンツの質」、流入の増加を目指すために必要なコンテンツの改善策について具体的なご提案を致します。また問題点の発見方法などのノウハウ移転も行います。(Advancedプラン以上)

繁忙期にも運用を止めない、コンテンツライティング代行

繁忙期にも運用を止めない、コンテンツライティング代行

コンテンツライティングも代行いたします。事実上オウンドメディアの運用を丸投げできるプランもご用意。その他のプランであっても、お忙しい時期などに記事単位での利用が可能です。

お客様毎に仮想専用サーバーを設置。データを他社に預けるのではなく自社で保持し、オープンソースの弱点も消し去る高機能サーバー


server_img2

Dimastでは、電気通信事業者としてDimastの特性を考慮した高速サーバーを併せてご提供。WebサーバーにはNginx(エンジンエックス)を採用し圧倒的なページスピードを実現しました。
またサーバーごとのご提供により、マーケティングオートメーションツールのすべてのデータをお客様が自社データとして保有することができます。他社ASPサービスのように「データが他社に預けきりになる」こともなく安心です。
またセキュリティ部分はCross&Crown Security Intelligence LLCが担当。
特に多く見られるアプリケーションの脆弱性をついた侵入を防ぎ、ファイルの改ざん検知はリアルタイムで行われます。