Dimastは、Mautic無料版のデメリットを全て解決しています

オープンソースのマーケティングオートメーションとして有名なMauticですが、無料版のクラウドサービスが用意されています。
しかし、Mautic無料版には残念なことにいくつかのデメリットが。

リード管理件数が5000件まで

リード管理件数に5000件までの制限があります。
これは顧客件数ではなくリードの件数ですから、多くのユーザーが訪れるwebサイトの場合、不足です。

メール送信制限(1日最大1000通)

メールの送信件数にも制限があります。一日1000件までとなっていますが、これも足りないかも知れません。
毎日に分散した場合は良いのですが、通常メールの配信はまとめて行われることが多いためです。また多くの営業マンが営業先で頂く名刺数を考えると、やはり足りないでしょう。

外部CRMとの連携ができない

Mautic無料版は外部CRMとの連携ができません。マーケティングオートメーションをCRMとして使うのはお勧めできませんし、前述の通り5000件のリードしか管理できません。

サーバーインフラが弱い

残念ながら、Mautic無料版の場合サーバーダウンやメール送信の遅延など、サーバーインフラがやや弱いのが実情です。
この為、見たいときにログインできない、またサポートがないなど、初心者にはやや不向きなツールではあります。

Mautic有料版は最低100ドルから、リード数によって変動

Mautic有料版はこれらのデメリットを打ち消します。また最低100ドルからと価格も安価です。しかし、リード数によって課金額は変わります。
リードを増やしていく中で価格が上がっていくことになります。

DimastはMautic無料版のデメリットを全て解決しています

Dimastは、Mauticをサーバーごとご提供しています。
この為、リード管理件数やメール送信件数に制限がありません。Mautic有料版のように、リード数によって課金額が変わることもありません。
サーバーにも高速サーバーを用いており、通信プロトコルにもhttp2を採用しています。
また、CRM(顧客管理システム)との連携も済んだ状態での納品となります。
ディマストなら、大変リーズナブルな形で、優れたオープンソース型マーケティングオートメーションを制限なしでご利用頂けます。

この記事のキーワード